OrangePi5 で Lチカをやってみた

Orange Pi 5 でも GPIO が使えるので、Lチカをやってみました。
直接配線で苦戦する点がありましたが、先の記事コメントにて助言をもらい成功させることができました。感謝です。

この写真は LED 点灯に成功したときの様子です。

配線の注意情報

OrangePi 5 では、多くの GPIO ピンはレベルシフタ経由となっていました。そのため LED をつないでも流せる電流が少なく点灯できないようです。レベルシフタ経由ではないピンが4つほどあるので、こちらを利用して Lチカを行うことはできました。

回路図をみてたどってみたところ、以下のピンを使用することができました。

  • 8
  • 10
  • 11
  • 13

これらは間に抵抗が挟まっている程度で直接外に出ている感じでした。

GPIO コマンドで操作

LED 点灯 ON/OFF のため、GPIO 操作をするのは、 gpio コマンドで行いました。その時のコマンドの例が以下の通りです。

# gpio mode 5 out
# gpio write 5 on
# gpio write 5 off

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください